×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冬季うつ病と症状

冬季うつ病とは、冬になるとうつ病になる季節性の気分障害で、まさに10月ごろから始まり3月におさまるといううつ病です。一般的にはSAD(Seasonal Affective Disorder)と呼ばれています。冬季うつ病は若い女性がかかることも多く、毎年続く人も多いようですが、春から夏にかけては通常の状態ということで、自分が冬季うつ病だと自覚している人は少ないようです。


冬季うつ病の症状は、気分が落ち込んで心ははれず、何をしても楽しめないといった抑うつ状態になります。加えて、しっかり寝ているのにまだ眠いといった状態や、甘い物が欲しくなり過食(体重増加)になるなどの症状もおきたりします。これは他の季節にみられる食欲低下、不眠などのうつの症状とは逆でもあります。


うつ自体は軽い症状の人も多いようですが、日常生活に支障をきたす場合もあるので一人で悩んだり、放置しないことが大事です。ひどい状態になると自分の存在価値が見出せなくなり、自殺に追い込まれることもあるので、冬の時期がくるとどうも抑うつ状態になるという場合は、精神科もしくは心療内科で診察してもらうことをおすすめします。


冬季うつ病は特殊な病気ではなく、潜在的にはかなり多いともいわれているので、抱えこまないで迷わず病院(精神科もしくは心療内科)に相談しましょう。

冬季うつ病 原因

冬季うつ病の原因については、まだはっきりとはわかっていませんが、冬季うつ病が冬の時期に発症するということからある理由が考えられています。それは日照時間(太陽が照った時間数)に起因するのではないかです。


冬季うつ病の時期である冬は日照時間が短いため、睡眠のリズムに関連するメラトニンの分泌が増えすぎたり、遅れたりしていつも眠いといった過睡眠の状態になりやすいことがあげられます。メラトニンは暗くなると脳の中の松果体から分泌されるものです。


また、光が減ることで安らぎや癒しの効果のある神経伝達物質 セロトニンが減り、脳の活動が低下し不安定になってしまうと考えられています。セロトニンは不快感や恐怖に関係するノンアドレナリンを抑え、感情にブレーキをかけてくれる物質といわれています。


冬季うつ病にかかる人が多いのは、日照時間が短くなる高緯度の地域でよくみられることも、日照時間との関連が言われている理由ですが、光の刺激が目から脳に伝達されるので、あまりにも暗い部屋に住んでいる場合も注意しないといけませんね。(蛇足ながら地域によって年間降水量が少なく日照時間が長いところはあります。)


このように冬季うつ病は、日照時間と体内ホルモンの分泌が関係しているだろうといわれているので、体内ホルモンのバランスをとるように光をつかった光療法が効果的といわれています。

冬季うつ病 光治療

冬季うつ病の原因として光とセロトニン、メラトニンといった体内ホルモンの分泌が考えられているとお話しました。そこで冬季うつ病に効果があるとされているのが、光を使った治療法です。


病院での光療法の場合、各医療機関もよってもその照度と照射時間はまちまちですが、一般的に2,500~10,000ルクスくらいの照度を30分から2時間照射されます。照射する期間ですが、1週間から10日間連続して行われることになります。光療法のほかには抗うつ薬の投与もあり、状況によってはあわせて使われることもあります。


つぎに自然の日光浴ですが、室内ではできないことや天候の関係、時間の確保などの条件もありますが、一般的には雨空でも約5,000ルクスもあるので充分ではあります。ふだんから意識して毎朝、朝日をあびながらウォーキングなどで体を動かしてみるのもいいストレス解消だと思います。ただ、治療目的では病院で集中したほうがスムーズかもしれません。


あとは食事ですが、セロトニンは必須アミノ酸トリプトファンからでき、お肉や乳製品、赤身の魚に多く含まれるそうです。食べすぎはいけませんが、バランスよく食べることも大事ですね。


冬季うつ病は特別な病気ではないので、一人で悩まずに病院(精神科もしくは心療内科)に相談してみてください。


人気の心理カウンセラー下園壮太氏の「うつから最短で抜け出す方法」

防衛庁のメンタルヘルス検討会の委員にも選抜されたこともあり、カウンセリングセミナーを開くとまたたく間に満席になってしまう心理カウンセラー 下園壮太(しもぞの・そうた)氏のDVD「うつから最短で抜け出す方法」をご紹介します。


冬季のうつ病というより、慢性的にあなたが、下記のような症状でお悩みなら、下園さんのプログラムをごらんになってみてはいかがでしょうか?


※とにかくうつがひどくて毎日が辛い
※夜は眠れないし、朝起きるのも辛くてたまらない
※毎日不安に押しつぶされそうになる
※いつ治るのか、いつ働けるようになるのか不安でたまらない
※病院で出された薬を飲んでいるが一向によくならない
※再発を何度も繰り返している
※もうこのまま治らないのでは・・と不安になる  


365日間の長期間の返金保証付きなので、このプログラムを3ヶ月続けてもあなたにとって効果がでなかったと思えば、申請後に全額返金されます。取り組むことへのリスクはありません。(2009・7現在)


冬季うつ病とは、冬になるとうつ病になる季節性の気分障害で、まさに10月ごろから始まり3月におさまるといううつ病です。一般的にはSAD(Seasonal Affective Disorder)と呼ばれています。冬季うつ病は若い女性がかかることも多く、毎年続く人も多いようですが、春から夏にかけては通常の状態ということで、自分が冬季うつ病だと自覚している人は少ないようです。

Copyright © 2009 冬季うつ病· All Rights Reserved·